【芙蓉開発】だれでも使えるAIで、当たり前を作る。【前田俊輔】(介護AI・介護DXインタビュー)前編

【芙蓉開発】だれでも使えるAIで、当たり前を作る。【前田俊輔】(介護AI・介護DXインタビュー)前編

最終更新日 2021.08.31

ケア業界のパイオニアをインタビューする新企画が始まります。その第1弾のお相手は、芙蓉開発株式会社を率いる芙蓉グループ代表の前田俊輔さん。

筑紫南ヶ丘病院(福岡県)を擁する芙蓉グループ傘下の芙蓉開発は、介護施設や高齢者住宅向けの在宅遠隔健康管理システム「安診ネット」を開発・販売しています。このシステムは入居者の状態悪化を早期発見し、医療への適切かつ迅速な相談で重症化予防につなげる機能を持ちます。

パイオニアのプロフィール

・お名前:前田俊輔(まえたしゅんすけ)さん
・会社(役名):芙蓉開発(代表)、芙蓉グループ(代表)
・事業内容:「安診ネット」運営(ほか、病院経営、介護施設運営など)

今回、インタビュー記事の前編(#01)では事業の背景やこれまでの成果、展望などのお話を掲載します。後編(#02)では、代表の根本的な考え方やコミュニティにせまります。

今回のお話の要点(前編)

さきに、インタビュー内容の要点を先にお伝えします。のちほどトピックごとに再掲しますので、まずはざっと見てみてください。

  • 現場の医者のような属人的な高齢者ケアを介護施設や在宅で行えるようにしたい
  • バイタルデータをもとに状態悪化を早期発見するシステムを開発
  • 市場のニーズを見定めて開発・リリースする
  • 現場の視点で考える
  • ガイドラインの制定にも目を向ける
  • 今後はウェアラブルに可能性がある
  • 研究のデザインから自社で実施する
  • 公衆衛生を重要視

それでは、インタビュー内容をお楽しみください。

▶︎▶︎START 経験と座学のギャップを、ICTで補う