【SHIRAHA】HAB&Co. 森祐太CEOインタビュー(前編)~介護の採用をDXする~

【SHIRAHA】HAB&Co. 森祐太CEOインタビュー(前編)~介護の採用をDXする~

ケア業界のパイオニアに道を訊くインタビュー企画、第6弾です。お相手は、「SHIRAHA」などを事業展開する株式会社HAB&Co.のCEO、森祐太さん。SHIRAHAは介護事業所などの採用をDXする機能を持つサービスサイトです。

パイオニアのプロフィール

・森 祐太(もり ゆうた)さん
・会社名(役名):株式会社HAB&Co.(代表取締役社長)
・事業内容:自社サービス開発事業、クライアントワーク事業、コワーキングスペース運営事業、有料職業紹介事業

前編(#01)では事業展開やこれまでの成果などのお話を掲載します。

今回のお話の要点(前編)

先に、インタビュー内容の要点を載せておきます。

それでは、インタビュー内容をお楽しみください。

ーーまず読者の方に自己紹介いただけますか。

株式会社HAB&Co. という会社の代表をさせていただいております、森と申します。当社は2017年の8月に創業しておりまして、いま6期目を迎えるところです(2022年2月時点)。

弊社は大きく三つの軸で事業展開をしておりまして、人材(HR)領域でのガブテック、カフェ&コミュニティスペースの運営、WEBシステム等のクライアントワークです。

まず、ガブテックというのはGovernment technology(行政とテクノロジー)の略です。行政だったり公共のデータを利活用するテクノロジーですね。そのテクノロジーを人材領域に融合させたサービス事業を行っています。

また「ラフなコミュニティ形成の場」がコンセプトのカフェ&コミュニティスペース「dot.」の運営は一風変わっています。dot.はキャリアや将来のヒントをみつけ、仲間や企業、様々な人とつながる、そんな人たちがあつまる場を目指しています。地方あるあるなんですけれども、地方の方々は都市圏に出て行きます。例えば私共は大分県で事業展開していますが、大分の方々は東京、大阪、そしてやはり福岡に出て行きます。dot.は、福岡に出た大分の学生を福岡で大分県の企業とネットワーキングさせていただく事業ですね。

クライアントワークは、いわゆるデジタルクリエイティブの領域です。WEBシステムの開発やデザインの制作をさせていただいております。

▶︎▶︎NEXT 人に関するお困りごとを解決する会社